ヨーロッパを巡る旅で見つけたお気に入りをご紹介します。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ボロスコレクション 【Berlin】 | main |
les chouquettes(シューケット)
JUGEMテーマ:旅行


パリに行くと必ず立ち寄る北駅出てすぐのパンやさん。
目的は、シューケットを買うため。

毎日このお店のシューケットを食べるために、パリ滞在時は北駅近くに宿をとっています。

ガイドブックに載っているわけでもなく、フィガロなどでやっているランキングに載っているわけでもなく、
学校帰りの小学生がお菓子を買いに立ち寄る、ごくごく普通のその地域のパン屋さんです。

買い付け時にはお昼ご飯をきちんと座って食べられることは稀で、移動途中にシューケットをつまんで済ませることが多いのです。夕方行くと「今日はもうないよ〜」と言われることもあるので、朝のうちに100グラムを2〜3袋買って買い付けに出発します。

大体パリ市内では100グラム2.6〜3ユーロくらいです。

行く先々でパン屋さんに入っては、レジ近くに必ずおいてあるシューケットを買い、食べ比べたりもしていますが、ここ3年ほど、私の中ではこの北駅近くのパン屋さんのシューケットが一番です。

さくっとしたシューの生地とあられ糖のカリカリ感が絶妙にマッチしています。

最近は、日本のパン屋さんでも見かけるようになりましたが、日本特有の湿気のせいか、なかなかパリッと、カリッと、理想的なシューケットには出逢えていません。

これまでのところ、渋谷のvironのシューケットが一番パリのに近いかなと思っています。



でもやっぱり食べ物は「その土地のものはその土地で食べるに限る」と思っているので、次回パリで食べるのを心待ちにしています。